最終日は湿走路が必至の状況だ。特別選抜戦11Rは加賀谷建明がぶっちぎりの勝利を収める。

今節は湿走路で3連勝したが、外一辺倒でなく、イン切り込みを見せて自在な攻めが光った。オート界屈指の雨巧者が本領を発揮する。若井友和も湿走路で3連勝した。インに固執せず外を使うクレバーな走りで上位進出を狙う。丹村飛竜は水気の多い走路に対応できている。永井大介も湿走路では負けていない。スタート一撃を狙う佐藤貴也が続く。3連単は(6)-(4)(3)(7)(8)-(4)(3)(7)(8)の12点。