竹井貴史(32=福岡)が、準優10Rの1枠から優出に挑む。

予選最終日の3日目、前半は逃げて勝利したが、後半11Rは、5コースから6着。1Mのターンで転覆しそうになるも、なんとかこらえての完走だった。「止めては行ったんだけど、後半は明らかに回り過ぎ。足は変わらずバランスが取れていいが、起こしで鳴いたしターンが良くなかった」と振り返った。得点率トップの座を譲り、予選は3位通過。悔しさを胸に準優へと向かう。

「回転調整に集中したい」。3日目の反省を糧に、今年初優出を狙う。