矢野昌彦(41=栃木)が“格”の違いを見せつけ、連勝で決勝に勝ち上がった。予選、準決ともに後方からのまくりで前団をひとのみ。準決後に「(後攻めから)いったん切ろうと思ったけど突っ張られたので、そこからは落ち着いて、行けるところから行こうと思った」と、余裕さえ感じられる表情で振り返った。

ヘルニアで昨年前半を棒に振った影響で今期はA級2班だが、予選スタートということが逆に前期S級の底力を際立たせている。単騎で戦う決勝12Rに向けて「今のところ腰は大丈夫。(単騎は)嫌いじゃないし、気楽に走れるのはいい。チャンスを逃さず仕掛けたい」と一発を狙っていた。