今期からS級の山口多聞が、予選9Rで突っ張り先行から2着に粘り、準決進出を決めた。

番手の岸沢賢太が「風がきつい中、思い切ったね」と絶賛。「(S級戦は)全開で走ってちょうどいいくらいの感覚」(山口)と、走りの強度を上げながら食らい付いている。

準決12Rはトップクラスの坂井洋と関東別線対戦。「見せ場は作りたい」と表情を引き締めた。