真杉匠(25=栃木)の表情が明るい。1月に練習中の落車で骨折負傷して、復帰戦となった2月G1全日本選抜では悲壮は顔つきだった。しかし、復帰2場所目の今回は全く違う。右足小指の骨折でかばうような歩き方をしていた姿はなく、堂々と胸を張っていた。

「けがで弱った分、日に日に良くなっていて、全日本よりも確実にいいです。みんなと同じように練習できているし、今回は楽しみ」と言葉の端々に自信がにじむ。

特選12Rはライン細切れの戦い。そこで結果を出すことができれば、完全復活の時は近いといえるだろう。