このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > 競輪・競艇・オート > ニュース



競輪・浜崎太選手が母と無理心中か?

 17日午前9時ごろ、福岡県久留米市東合川町の競輪選手、浜崎太さん(42)方で、浜崎さんと母登功江さん(67)が死亡しているのが見つかった。久留米署は浜崎さんが無理心中を図ったとみて、詳しい状況を調べている。

 調べでは、浜崎さんの妻(43)が1階の和室で登功江さんが血を流し倒れているのを見つけ、119番。駆けつけた救急隊員が、風呂場で死亡している浜崎さんを発見した。

 登功江さんには刃物で刺されたあとがあった。浜崎さんに外傷はなかったが、遺体のそばに練炭があったという。

 浜崎さん宅は3階建てで、1階は登功江さんが1人で居住。2階に浜崎さん夫婦、3階には別の親族が住んでいた。

 日本自転車振興会によると、浜崎さんは1987年にプロデビューし、優勝は通算23回。最近は今月10日から12日まで熊本競輪場のレースに出場していた。

[2008年1月17日13時35分]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ