日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう



  1. トップ
  2. ニュース
  3. 写真ニュース

井上が低迷乗り越え賞金王/競輪

<競輪:KEIRINグランプリ08>◇30日◇GP◇平塚競輪場

 五輪メダリストが、今年もモンスター新時代の夢を砕いた。アテネ五輪銀メダリストの井上昌己(29=長崎)が、先行した北京五輪銅メダリストの永井を番手からまくった小嶋を追撃し、直線で追い込んだ。2年ぶり2度目の挑戦で頂点に立ち、08年度の賞金王にも輝いた。山崎の4回転革命にストップをかけたアテネの星が、群雄割拠の輪界をさらにヒートアップさせる。

 アテネ五輪のスピードスターは輝きを失ってはいなかった。チームスプリント銀メダルの僚友・伏見、今夏の北京五輪ケイリン銅メダルの永井、そして、4回転モンスター山崎も、まとめて撃破した。「ゴールした瞬間に鳥肌が立った」。トレードマークの無精ひげと、とつとつとした口調で会心の勝利をかみしめた。

 山崎ら強烈な別線勢に挑む井上は伏兵的存在だった。だが、死中に活路を見いだした。「ナショナルチームで一緒だった永井のダッシュ力も、小嶋さんが意地でも離れないのも分かっていた」。中部勢からの組み立てを宣言し、「山崎に切り替えることも考えた」が、最後の最後まで自ら描いたシナリオから、狙撃手は照準を外さなかった。

 2年前のこの日、GP初見参で屈辱にまみれた。吉岡、合志と九州3車で、しかも吉岡の引退レース。井上が吉岡をけん引すると誰もが予想したが、単騎勝負に。GP直前に原因不明の微熱や倦怠(けんたい)感に襲われた。「3番手を固める自信もなかった」。GP直後にノロウイルス感染が判明したが、「F1先行」吉岡の花道を飾れなかった思いは、今もトラウマだ。直前の沖縄合宿では、「とにかく、体調にだけは細心の注意を払った」。2年前の複雑な思いを、ついにぬぐい去った。

 1月競輪祭を制して、GP一番乗り。だが、競輪祭が11月から1月開催に移行した02年以降、競輪王=GP王者は山田裕仁だけ。井上も約11カ月の空白に苦しんだ。2月東西王座戦で落車。左肋(ろく)軟骨骨折で体調を崩し、以降は低空飛行を続けた。

 復活の支えは、家族だった。6月に、のぞみ夫人(28)から第2子懐妊を知らされた。次女誕生は来年2月1日の予定。新しい家族が増える。自宅トレーニング室の片隅で遊ぶ、愛娘みさきちゃん(2)に視線を向けながら、「練習嫌い」とうそぶく男が、吹き上がる汗を汗で洗い流し続けた。

 五輪イヤーの幕開けと、最後を締めくくったのは五輪の星だった。「来年は安定感を求めて、タイトルを取ってGPに戻ってきたい」。GPを2度目で制し、G1は決勝3度で2度優勝と、大一番で無類の強さを発揮する。山崎の革命成就を阻止した男が、新しい年の輪界をさらに面白くする。【大上悟】

 [2008年12月31日8時58分 紙面から]


関連ニュース


ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR




この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  新旧モンスターの初優勝ならず/競輪 - 競輪・競艇・オートニュース
  2. 2  カラ馬が先行馬に激突/東京シンデレラM - 競馬ニュース
  3. 3  森ドドドで2着、来年は浜松から/オート - スーパースター王座決定戦
  4. 4  エアシェイディAJCC、ゴッホは日経賞 - 競馬ニュース
  5. 5  カネヒキリ劇的復活が3位/ベストレース - 競馬ニュース


日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. 競輪・競艇・オート
  4. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです