日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬ニュースのRSS

フェイム地力が違う/ダイヤモンドS

高木が本命に指名した昨年の覇者フェイムゲーム
高木が本命に指名した昨年の覇者フェイムゲーム

<高木一成の読み切った!:ダイヤモンドS>

 マラソンレースは、人気馬を素直に信頼だ。「読み切った!!」の本紙・高木一成はフェイムゲームに◎。展開に左右された前走AJCCは度外視してよく、連覇達成とみた。

 04年に3400メートルになってからの11回で1、2番人気が8勝しているレース。長丁場のハンデ戦というとまぎれるイメージが強いが、ダイヤモンドSは意外と実力馬が素直に結果を出したケースが多い。昨年の覇者フェイムゲームの連覇に期待だ。昨年は離れた最後方をポツンと追走。3、4角は大外を回される形から早めに抜け出して、そのまま押し切った。G3レベルではスタミナが違う。

 AJCCの3番人気12着の大敗は展開のあやによるところが大きい。道中は超スローで勝負どころでラップが上がり、ゴールドシップですらまくりを許してもらえなかった。その後ろから運んだ◎が届かなかったのは仕方のないところ。勝ったクリールカイザーには2走前のアルゼンチン共和国杯で完勝しているわけで、力負けとは言えない。

 有馬記念除外で状態キープに主眼を置かざるを得なかった前走と違い、今回は狙いすましたローテで上積みが見込める。勝負どころでの反応の悪さも解消されており、大外枠でもスムーズに上がっていけそう。58キロでも地力を信頼だ。

 相手は長期休養明けでも<4><2>と力を見せたファタモルガーナ。ステイヤーズSは途中で先頭が入れ替わり、ペースの割に出入りのある展開だったが、最後までしぶとかった。前走のように前々で立ち回れば好勝負になる。万葉S組では2キロ増になる勝ち馬ステラウインドより、同じ55キロで出られるニューダイナスティが面白そうだ。

 馬連(16)から(15)(9)(13)(2)(3)(4)(8)。

  1. 「哲三塾」3連複で中山金杯3630円、サンライズS1万2690円的中
  2. 中山金杯調教採点 3位評価ラブリーがV!1位評価ロゴも2着

 [2015年2月21日8時57分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞