日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬ニュースのRSS

ステイ最後の子受胎 18年デビューへ

 今月5日に21歳で急死した名種牡馬ステイゴールドの、今年最初で最後の交配相手となった唯一の繁殖牝馬が、無事に受胎していることが25日、分かった。希少なラストクロップを授かった繁殖牝馬はエレイン(牝4)で、北海道白老町の社台コーポレーション白老ファームで元気に過ごしている。

 父は現在リーディングサイアー1位のキングカメハメハ。12年のマイルCSを制したサダムパテックの半妹にあたる良血だ。中央登録されていたが、故障のためデビューできず、未出走で繁殖入り。花嫁として最初のお相手がステイゴールドだった。

 ステイゴールドはブリーダーズ・スタリオン・ステーション(北海道日高町)で、今年最初の種付けとして5日午後にエレインと交配。何事もなく馬房に戻ったが、体調が急変。懸命の治療もむなしく息を引き取った。解剖の結果、死因は大動脈破裂と発表された。

 名種牡馬サンデーサイレンスを父に持ち、競走馬時代は香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制した。02年種牡馬入り後は3冠馬オルフェーヴルやG1・5勝のゴールドシップなどを輩出。ブルードメアサイアーとしてもクリスマスが13年函館2歳Sを勝つなど、馬名由来通り、その血は輝き続けている。

 全世界的な注目を浴びそうな奇跡の産駒は、来年誕生し、早ければ2歳の18年にターフに登場する。

  1. 「哲三塾」3連複で中山金杯3630円、サンライズS1万2690円的中
  2. 中山金杯調教採点 3位評価ラブリーがV!1位評価ロゴも2着

 [2015年2月26日8時28分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞