日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

アパパネ2強対決制す/ヴィクトリアM

アパパネ騎乗の蛯名騎手はガッツポーズ(撮影・宮川勝也)
アパパネ騎乗の蛯名騎手はガッツポーズ(撮影・宮川勝也)

<ヴィクトリアマイル>◇15日=東京◇G1◇芝1600メートル◇4歳上牝◇出走17頭

 2強対決はアパパネに軍配上がる。蛯名騎乗の2番人気アパパネ(牝4、国枝)が首差でブエナビスタを退けて優勝。5つめのG1を手にした。勝ちタイム1分31秒9はレースレコード。コースレコードまで0秒5差のスピード決着だった。

 昨年の年度代表馬を破って先頭でゴールした蛯名騎手はガッツポーズを何度もつくり喜びを爆発させた。「自分で競馬をつくって勝ったのだから価値がある。受けて立つ競馬をしたつもり。ブエナが迫ってきたときはやっぱり来たなあ、という感じ。馬の力を信じて乗った。3冠勝った馬はその後なかなか勝てないとか言われるけど…、馬には頭が下がる。最高にかわいいですね」と愛馬をたたえた。

 オウケンサクラの単騎逃げでレースは速い流れとなったが、「最近では最も折り合っていた」(蛯名)そうでじっくり後方に待機して直線へ。満を持して追い出すと、後ろでマークしていたブエナビスタも追い出す。直線半ばで内にいたレディアルバローザが抜け出すが、アパパネが中央から先頭に躍り出る。ゴール前で外からブエナが襲いかかるが、首差まで迫ったところでゴール。古馬になっての重賞初勝利はG1のビッグなタイトルだった。

 国枝師は「勝負どころでうまくいってくれた。ブエナとの対決は善戦してくれれば、という気持ちだった。乗り役は出来を懸念してたけど、出す方としてはこれで十分と思っていた。いまはホッとしている」と話した。このあとは6月5日東京の安田記念(G1、芝1600メートル)に向かう。

 3着はレディアルバローザ。

 払戻金は馬連(13)(16)は230円、馬単(16)(13)は740円、3連複(4)(13)(16)は620円、3連単(16)(13)(4)は3620円。

 (注=成績、払戻金は主催者発表と必ず照合してください)

 [2011年5月15日17時23分]

キーワード:

アパパネ

このニュースには全0件の日記があります。




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞