日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

新星フレール無敗で重賞初V/ラジオN賞

日記を書く

ゴール前でマイネルラクリマ(左)を一気に追い抜くフレールジャック(10番)
ゴール前でマイネルラクリマ(左)を一気に追い抜くフレールジャック(10番)

<ラジオNIKKEI賞>◇3日=中山◇G3◇芝1800メートル◇3歳◇出走13頭

 1番人気の福永騎乗フレールジャック(牡、友道)が直線抜け出し、無敗の3連勝で重賞を初制覇した。勝ちタイムは1分46秒9。放牧に出されたあと、復帰戦は神戸新聞杯(G2、芝2400メートル、9月25日=阪神)が濃厚。その結果を見た上で、菊花賞か天皇賞・秋のどちらへ進むのかを判断する予定。

 アバウトが出足良くハナに立つが、1コーナーでアクシデントが起こる。横山典騎乗プランスデトワールが外に膨れて曲がりきれず、その影響をもろに受けたディアフォルティスも外ラチ沿いまでもっていかれて競走中止を余儀なくされた。

 場内が騒然とする中、アバウトはマイペースで逃げるが、3コーナー過ぎからマイネルラクリマが競いかけて直線へ。半ばで早々と先頭に躍り出たラクリマの外から好位でチャンスをうかがっていたフレールジャックが一気にかわしてゴール。3/4馬身差の2着にラクリマ、1馬身3/4差の3着にカフナが入り、人気3頭の決着になった。

 福永騎手は「前半から行く気満々で抑えるのに苦労した。直線はどこまで伸びるのかという走りだった。キャリアが浅いのにこういう競馬ができるのはすごい。馬がしっかりしてきた。初輸送でナーバスになっていたのに大したもの。キャリアに不安はあるけど、まだ完成されていない。秋が楽しみ」と期待した。

 インタビュー後には「WIN5はいくらだった?」と取材陣に尋ね、払戻金(1万9680円)を聞くと「1番人気ばかりだもん。皆がもらっていいじゃん」と笑顔で話していた。

 払戻金は馬連(7)(10)1350円、馬単(10)(7)2420円、3連複(2)(7)(10)1710円、3連単(10)(7)(2)8390円。

 (注=成績、払戻金は主催者発表と必ず照合してください)

 [2011年7月3日19時7分]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞