日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

伏兵エンブレム栗東調整で戴冠/秋華賞

直線、抜け出し秋華賞を制したブラックエンブレム(撮影・外山哲司)
直線、抜け出し秋華賞を制したブラックエンブレム(撮影・外山哲司)

<秋華賞>◇19日=京都◇G1◇芝2000メートル◇3歳牝◇出走18頭

 G1初の1000万馬券が飛び出した。単勝11番人気ブラックエンブレム(小島茂)が直線で抜け出し快勝。自身と開業6年目の小島茂之師(40)に待望のビッグタイトルをもたらした。2着に8番人気ムードインディゴ、3着に小島茂厩舎2頭出しの16番人気プロヴィナージュと、伏兵が上位を独占。3連単(4)(1)(15)は重賞最高、歴代3位となる1098万2020円(4896通り中4275番人気)の超高配当となった。1番人気トールポピーは10着、2番人気レジネッタは8着に敗れた。

 大一番で素質馬の血が爆発した。中団のインで脚をためたブラックエンブレムは、4角で最内へ。ぽっかりあいたコースをグイグイと伸び、逃げた同厩舎のプロヴィナージュを一気にとらえる。そして最後は、外を伸びたムードインディゴを押さえ込んだ。「内枠で楽に好位を取れた。3角で1回息も入ったしね。ビュッと伸びたけど、まさか勝てるとは…」。殊勲の岩田騎手も目を白黒させた。

 今年のフェブラリーSから関西馬に12連勝を許していた関東馬が、今年初めてG1を制覇。秋華賞の関東馬Vは97年メジロドーベル以来となる。とはいえ、今回に関してはエンブレムも半ば関西馬のようなもの。前哨戦ローズSの前に栗東トレセンに乗り込み、長期滞在で鍛えられた。

 開業6年目でG1初勝利となった小島茂師は「施設が充実していて、栗東の方が多くのやり方を試せる。特にいいのが逍遙(しょうよう)馬道。高低差が激しいので、馬が自然と歩き方を覚える。腹筋も鍛えられるみたい」と説明した。桜花賞前にも、栗東に早期入厩。追い切りなしで本番に臨む勝負に出た。そのときは10着と結果が出なかったが、「栗東なら違う」という考えは揺るがなかった。新鋭トレーナーの執念が実った大金星でもある。

 「競馬の面白さを伝えたい」。そんな思いで小島茂師が自ら更新している公式ブログが週中、炎上した。同じく栗東滞在で秋華賞に備えていたプロヴィナージュを出走させることになったときだった。良血馬ポルトフィーノが除外になることで、賛否両論の感情的な意見がブログを埋め尽くした。「でも、今週の動きが良かったし、出してあげたい状態だった」。北海道のセール、栗東、美浦の調教と忙しく飛び回る中、頭を悩ました時期もあったが、自分の馬の力を信じた。最後に待っていたのは、G1ワン・スリーという結果。胸を張っていい。

 エンブレムの今後はエリザベス女王杯(G1、芝2200メートル、11月16日=京都)を使うかも含めて未定。とりあえず滞在した他馬とともに、いったん美浦に帰厩する。ブログには、レース直後から祝福コメントが多数寄せられていた。「最初はG1を勝ったら(ブログを)やめるつもりだったんだけど…」と笑う小島茂師。今週は新女王の出迎えとともに、コメントの返信という忙しさにも追われることになりそうだ。【高木一成】

 [2008年10月20日8時40分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]







日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです