日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

浦和で3頭立て競馬、3頭が取り消し

 23日の浦和競馬で3頭立てが行われる珍事が起こった。1R2歳戦(ダート1300メートル)は当初6頭立てだったが、3頭が一斉に取り消して少頭数になった。本紙◎のキャニオンムートが熱発、○マキノテンコーと▲メガレイリーが感冒。人気馬ばかりがリタイアした。出馬投票の時点で5頭そろえばレースは成立するため、3頭はそのままゲートイン。馬券は簡単かと思いきや、勝ったのは2番手から絶好の手応えで抜け出した最低人気のスピードポップ。2馬身半差の圧勝で、1着賞金130万円をゲットした。1番人気ジャングルマッハが3番手から差して2着に上がった。

 単勝510円、馬単610円(6通り中4番人気)、3連単は690円(6通り中5番人気)の「波乱」。全組み合わせを同額買ってもプラスになる。

 「3頭立てでも当たらない。中央の18頭立てなど当たるわけがない」。そんなつぶやきが聞かれた。複勝と、(必ず当たる)ワイドと3連複は規定により発売されなかった。

 なお高知競馬では05年にあえて3頭立てのレースを実施。「少頭数でガッチリ勝とう!」のうたい文句でファンの関心を誘い、単勝だけが発売された。

 中央では63年6月1日の東京7Rアラブ系障害特別と70年8月9日の小倉2Rサラ系障害オープンで2頭立ての例があるが、80年以降は4頭立てが最少。米国では1頭立て(単走)が4例あり、80年ベルモントのウッドワードS(G1)では芦毛の怪物スペクタキュラービッドに恐れをなして他馬が続々回避した。

 [2008年12月24日8時17分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  アルナス積極策で活路開く/有馬記念 - 競馬ニュース
  2. 2  ネヴァブションが有馬記念回避、金杯へ - 競馬ニュース
  3. 3  山口が病院へ、会長引退示唆/ボクシング - 格闘技ニュース
  4. 4  森且行が高橋貢を破り連続V/オート - 競輪・競艇・オートニュース
  5. 5  ジャーニーでV+最多勝狙う/有馬記念 - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです