日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

メガワンダーV宝塚へ弾みの1勝/金鯱賞

サクラメガワンダーが金鯱賞を制した(撮影・清水貴仁)
サクラメガワンダーが金鯱賞を制した(撮影・清水貴仁)

<金鯱賞>◇30日=中京◇G2◇芝2000メートル◇3歳上◇出走18頭

 サクラメガワンダー(牡6、栗東・友道)が1番人気に応えて、4つ目の重賞を制覇。春の大目標となる宝塚記念(G1、芝2200メートル、6月28日=阪神)に向けて、最高の勝利を飾った。また、ダービーのアンライバルドで2冠を目指す友道厩舎にとっても、弾みのつく1勝となった。

 G1が見えてきた。サクラメガワンダーが宝塚記念へ、最高のステップを踏んだ。中京の小回りが不安視されていたが、昨年4着の教訓を生かし、この日はいつもより積極的に運ぶ作戦だった。道中は中団の外でスムーズに運び、4角手前から前へと進出。直線入り口で3番手まで上がり、そこからはこの馬のワンマンショーだった。豪快な伸び脚は、ここでは力が違うと言わんばかり。1分58秒4の勝ち時計で、後続に1馬身半差をつけた。

 「いつもより早めに動いていった。小回りを克服したのはデカイよ」。愛馬を知り尽くした福永騎手は満面の笑み。

 前走の京都記念(2着)の後、立て直すため放牧に出したことも功を奏した。「あそこで無理させなかったのが良かったね。そこが友道厩舎のいいところ」と同騎手は言う。もともとがたたき良化型。「後ろ脚の入りがイマイチで、まだ本調子じゃない。それで勝ってくれたあたり、能力があるね。ここは目標じゃなく、あくまで宝塚記念。次はきっと良くなるよ」とあん上は声を弾ませた。

 友道師が初めて挑んだダービーが、06年のサクラメガワンダー。ダービーに1番人気で挑むアンライバルドへ、バトンをつないだ。「弾みがついたね」と同師。最高の週末を、いよいよ迎える。【平本果那】

 [2009年5月31日8時45分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです