日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

リーチ武が大逃げで粘り込む/ジャパンC

リーチザクラウン(武豊騎手)(09年5月31日)
リーチザクラウン(武豊騎手)(09年5月31日)

<山本幸史のヤマを張れ:ジャパンC>

 ジャパンCは3歳馬が穴をあける。山本幸史「ヤマを張れ」は、リーチザクラウンの大逃げに期待した。前半からハイペースで飛ばすスタイルで、自分の形に持ち込めばそう簡単にはバテない。追い切りの動きから仕上がりは万全。武豊騎手(40)のリードで、うまく後続の馬に脚を使わせれば、ぎりぎり粘り込める。

 JCは3歳と古馬、そして外国馬と未対戦の馬が激突する。実績か、それとも3歳の勢いか、と聞かれれば一発の魅力は後者。3歳馬リーチザクラウンの逃げ切りだ。

 この馬最大の魅力は「レースの流れを作れる」逃げ馬だということ。1週間の栗東取材を通して、各陣営から「流れが向けば」という話が出てきた。3歳馬にとって古馬の超一流とは初めての対戦。普通ならG1特有の激しい流れでスタミナを消耗したり、もまれて力を発揮できないこともある。だが、このレースで逃げの手に出るリーチは、自分の流れで相手に競馬をさせることができる。

 前半1000メートルは60秒を切るかどうかの速い流れ。ガンガン飛ばして、後続にプレッシャーをかける。それでもバテないのがリーチの強み。後続各馬もうかうかしていられない。ましてや手綱を取るのは外国人騎手もマークする武豊だ。速いと分かっていても追いかけざるを得ない。そこに勝機が生まれる。今年5戦の最速上がりは、2走前の神戸新聞杯でマークした34秒8。瞬発力勝負では分が悪い。速いペースで引っ張ることで、ウオッカなど後続の有力馬になし崩しに脚を使わせる。消耗戦になればしめたものだ。

 逃げ馬には瞬発力を武器に1度ペースを落とす馬もいるが、リーチは最初から飛ばして粘り込むタイプ。橋口師が「うちの馬について来ればつぶれるよ」と豪語するほど、スピードとパワーを兼ね備えている。菊花賞がその典型だ。3000メートルの長丁場で、前半1000メートルは59秒9。ハイペースで逃げて、2馬身ほどの差に粘った。「並の馬じゃない」と橋口師が感心すれば、武豊も「わりとマイペースで走れていた。暴走したわけじゃない」と言う。今回は距離が600メートルも短くなる上、重量は2キロ減。さらに粘りは増す。

 同世代に敗れた秋2戦の敗因は輸送にあった。「当日輸送だとイライラする」と師。輸送直後のレースではテンションが上がり、力を出し切れない。神戸新聞杯では競馬場に着いてから18キロ体重が減った。レース前の消耗が勝敗を分けたといっていい。その点、今回の前日輸送なら1晩をゆっくり競馬場で過ごせる。ダービーでは10キロも馬体重が増え、ゲート裏でも落ち着いていた。前日輸送はリーチの心身を1度リセットできる。

 さらに今回は、イレ込みやすい地下馬道で騎手を乗せず、レースまで平常心を保つように工夫する。武が「抜群に良かった」と絶賛した仕上げ。3歳馬が世界を相手に大金星を挙げる。

 [2009年11月28日8時30分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

リーチザクラウン

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  ウオッカ2・9倍1番人気/ジャパンC - 競馬ニュース
  2. 2  ヘイローは11~12月が狙い目/京阪杯 - 競馬ニュース
  3. 3  ウオッカがルメールで弾ける/ジャパンC - 競馬ニュース
  4. 4  不利続きライジン今度こそ勝つ/東京11R - 競馬ニュース
  5. 5  プレミアム快勝、重賞3勝目/京阪杯 - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです