日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

キングダムV余裕の差し切り/朝日杯FS

朝日杯FSを制したローズキングダム(撮影・栗原伸幸)
朝日杯FSを制したローズキングダム(撮影・栗原伸幸)

<朝日杯FS>◇20日=中山◇G1◇芝1600メートル◇2歳◇出走16頭

 小牧太騎手(42)と橋口弘次郎師(64)のコンビが5年前の雪辱を果たした。1番人気のローズキングダム(牡、栗東・橋口)が、デビュー3連勝でG1を制覇。中団で競馬を進め、直線では余裕の手ごたえで差し切ってファンの支持に応えた。小牧、橋口師のコンビは04年朝日杯FSでペールギュントが1番人気を背負いながら敗戦。その屈辱がバネになり、今年の勝利に結びついた。

 小牧はゴール後、すべてを忘れた。どんなガッツポーズを取ろうか、どうやって喜びを表現しようか。ローズキングダムの力に感動し、それらが吹き飛んでしまった。強かった。衝撃だった。胸の中にしっかりと刻みついていた5年前の屈辱も、やっと忘れることができた。

 馬場入りから勝利を疑わなかった。「馬がものすごく落ち着いていた。だから自分も冷静になれた」。直線でエイシンアポロンが先に抜け出したが、まったく慌てなかった。いつでも抜ける自信があった。スパートの合図を送ると、キングダムはすぐに反応。一気に交わして先頭に立ち、1馬身1/4差をつけてゴールした。

 「僕が中央に来た04年に、ペールギュントという馬に乗りました」。勝利の会見の最後、小牧はそう切り出した。04年の朝日杯FS。1番人気に推されたペールギュントに乗り、小牧は負けた。この日と同じ橋口厩舎の馬だった。レースの流れに乗れず、冷静さを欠いた。脚を余した。期待に応えられず3着。「あのときはひどいレースをしてしまった」。そう吐き出すように言った。

 橋口師は「今日彼は、わたしの何倍も期するところがあったと思う」と話した。あの敗戦のとき、小牧は誓った。いつか橋口厩舎の馬でG1を取りたい、と。その思いが5年ぶりにかなった。しかもレースは同じ朝日杯FS。「うれしさよりもホッとしました」。小牧はそう言ってニッコリと笑った。

 次走は未定だが、皐月賞のトライアルを目指す。小牧について橋口師は「安心して乗れるだろうし、安心して任せることができる」とあらためて信頼感を口にした。雪辱は果たした。だが、騎手と調教師の目は、キングダムを通して、さらに大きな舞台を見ている。【三上広隆】

 [2009年12月21日8時38分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

ペールギュント

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  フォゲッタ「想像以上の成長」/有馬記念 - 競馬ニュース
  2. 2  大川慶次郎さんならブエナ本命/有馬記念 - 競馬ニュース
  3. 3  バルク「8着以内」進退かけ6年連続有馬 - 競馬ニュース
  4. 4  出遅れキンシャサ豪快にG2連勝/阪神C - 競馬ニュース
  5. 5  バラ一族で悲願のG1制覇/朝日杯FS - 競馬ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです