日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

ラブミー2度目芝挑戦に手応え/函館SS

門別競馬場で追い切られたラブミーチャン
門別競馬場で追い切られたラブミーチャン

<函館スプリントS:追い切り>

 笠松の快速娘ラブミーチャン(牝3、笠松・柳江)が、函館スプリントS(G3、芝1200メートル、4日=函館)へ向け、門別競馬場で追い切りを行った。控えめな内容ながら走りは軽快。4月末から北海道に滞在し、前走はダート交流重賞で3着。2度目の挑戦で芝のタイトルを狙う。

 ラブミーチャンは、いつも通りのソフト仕上げで追い切りを終えた。五十嵐冬騎手(レースは浜口騎手)を背に、門別のダートで5ハロンからゆったりと進み、直線も馬なりのまま3ハロン43秒3-13秒7。時計は目立たないが「毎回軽めで調整するタイプ。指示通りの時計で上がってこれた」と五十嵐冬は手応えを話した。

 調整はいつも通りでも、挑戦は一戦ごとにハードルを上げている。4月27日に門別入りし、5月20日にホッカイドウ競馬で古馬相手の重賞エトワール賞を勝ち、6月17日にはダート交流重賞の北海道スプリントC(統一G3)に出走。ミリオンディスクなど中央のダート巧者を相手に3着し、地方勢で最先着した。ダート8戦目で初めて敗れたが、敗戦を恐れず、強豪相手の戦いを選んでいる。

 笠松を離れての“強化遠征”は2カ月になる。五十嵐冬は「背中の感じや体の使い方などは、来た当時に比べて良くなっている」と成長を認める。初めての芝挑戦となった3月のフィリーズレビューは直線半ばで力尽き12着に敗れた。柳江仁師(55)は「当時はいろいろな面に負荷がかかっていた。あの一戦で芝が合わないと思ってほしくない。ここで見どころがあるようなら今後の視野も広がる」と話す。

 レースは51キロでの出走になる。「時計のかかる函館の洋芝なら、ダートが得意な馬でも気にしないと思う。将来につながるレースをしてほしい」と同師。快速娘が夏のスプリント戦を盛り上げる。【奥村晶治】

 [2010年7月1日8時38分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

ラブミーチャン

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます




日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです