日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

メビウス大外一気でV/ブリーダーズGC

ブリーダーズGCを制したシルクメビウス(左)(撮影・井上学)
ブリーダーズGCを制したシルクメビウス(左)(撮影・井上学)

<ブリーダーズゴールドカップ>◇12日=門別◇統一G2◇ダート2000メートル◇3歳上◇出走13頭

 2番人気のシルクメビウス(牡4、栗東・領家)が、4馬身差の圧勝で3つ目のタイトルを獲得した。勝ちタイムは2分3秒0。いつも通りの後方待機策を取り、直線では大外から2着カネヒキリ、3着マイネルアワグラスを並ぶ間もなくかわした。5月の東海Sに続く重賞2連勝で、秋へ弾みをつけた。

 伸び盛りの4歳馬は、自慢の末脚にますます磨きがかかっていた。330メートルの直線の攻防。4コーナーで先行集団にいた中からマイネルアワグラス、外からカネヒキリが抜け出しにかかる。その2頭のさらに外をシルクメビウスが豪快に抜き去った。残り100メートルで先頭に立ち、カネヒキリを1秒上回る上がり3ハロン36秒2で4馬身置き去りにした。

 道中はいつも通り後方寄りの7、8番手。田中博康騎手(24)は「1コーナーまでは少し行きたがったけど、いつも以上に折り合いがついた」。領家政蔵師(66)も「向正面でポツンと1頭で走っているのを見て勝利を確信した」と、折り合いはほぼ完ぺきだった。

 5月の東海Sを勝った後は、6月の帝王賞(統一G1)を目標にした。しかし当時1年2カ月戦列を離れていたカネヒキリが、TCK特別区競馬組合の規定変更により出走が可能となり、メビウスは補欠1番手になった。

 その後は、早々に目標を今回に切り替えた。領家師は「早めに札幌に入厩させて勝負をかけたかいがあった。帝王賞で悔しい思いをしたし、今回勝てなければもう勝てないくらいの気持ちだった」と話した。同師は8日の函館2歳Sもマジカルポケットで制しており、北海道で続けざまに2重賞を制覇。同じ2番人気での勝利だが、自信は大きかった。

 今後は坂東牧場(北海道平取町)に放牧され、秋はG1へ向かう。11月3日船橋のJBCクラシック(ダート1800メートル)から始動することが決まった。田中博騎手は「毎回パワーアップしている。自分もそれに伴うように力をつけていきたい」と、人馬で秋へ飛躍する。【奥村晶治】

 [2010年8月13日8時7分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • ツイッター
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは


キーワード:

シルクメビウス

PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  ジャガー秋はメルボルンC使わず天皇賞へ - 競馬ニュース
  2. 2  トゥザグローリー秋は神戸新聞杯から始動 - 競馬ニュース
  3. 3  ブレイク支笏湖特別を勝って豪G1出走だ - 競馬ニュース
  4. 4  Xに電撃復帰!TAIJIが18年ぶり! - 芸能ニュース
  5. 5  子育て雑誌がイクメン日本代表憲剛を取材 - サッカーニュース



日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです