日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

ジャーニー得意阪神で末脚復活/宝塚記念

日記を書く

09年有馬記念を制したドリームジャーニー(右)
09年有馬記念を制したドリームジャーニー(右)

<山本幸史のヤマを張れ:宝塚記念>

 ブエナビスタを差し切った末脚がよみがえる。山本幸史「ヤマを張れ」は、一昨年の覇者ドリームジャーニーに◎。脚元の不安で低迷していたが、中間は坂路からCウッドに替え、軽快な走りを披露。4勝を挙げている得意の阪神で、1年半ぶりのG1制覇を飾る。

 今年の宝塚記念はブエナビスタ対4歳馬の対決と言われる。だが、1頭忘れてはいないか。09年の有馬記念、ブエナビスタを後ろから力でねじ伏せた馬がいた。それが◎ドリームジャーニーだ。ようやく復調した2年前の覇者が、春のグランプリで目覚める。

 2年前、4角を持ったまままくり上げていった末脚には本当にしびれた。これが本来のジャーニーの走り。阪神4勝はメンバー最多ですべてが重賞勝ち。このうち内回りの2000メートル以上で、3勝をマークしている。復活の舞台は相性抜群のここしかない。

 ブエナを負かした有馬記念以降は勝利から遠ざかっているが、まだ終わったとは思わない。それは勝てなかった理由があるからだ。昨年1年間は脚元との戦いだった。球節の不安で天皇賞・春をパスするなど、なかなか順調に使うことができなかった。大阪杯を最後に前4走の最終追い切りがすべて坂路だったのも、脚元と付き合いながらレースに向かわなければならなかったからだ。

 一方、今回はCウッドで最終追い切りを敢行。2歳王者が古馬になって復活したのは、池添騎手にDウッド(当時)で強い負荷をかけながら折り合いを教えられたことが実を結んだことによる。DコースがポリトラックとなってからはCウッドを使用しているが、ウッドでゴール前しっかり追ってレースに挑むのがジャーニーの調整パターン。1週前追い後、池江師は「少しでも不安が出れば坂路で追う」と話しており、今週の追い切りは動き以上に「どこで追い切るか」に注目していたが、池添騎手にしっかり追われると小気味いいほどのピッチ走法を披露してくれた。裏を返せばコースで追えたことで、不安は皆無と判断できる。

 本来の調整パターンが取れなかったことに加えて、昨年の有馬記念は出遅れてまったく競馬にならなかった。G1以外の敗戦は小柄なジャーニーには酷な重量を背負わされてしまうことが理由で、いずれも説明がつく。昨年の宝塚記念も天皇賞・春をパスし、何とか間に合わせた状態だった。4角の手応えは前年のそれとは違ったが、それでもナカヤマフェスタに0秒3差の4着と気を吐いた。ちなみに、国内でブエナを差して負かしたのはこのフェスタとジャーニーの2頭だけ。4歳馬の勢いは認めるが、ジャーニーも本気モードで戦えば強い。多少雨が降ってもピッチ走法で進んでいく馬。やや重程度で切れがそがれることはない。

 今週、池添は「もう1回この馬と一緒にG1を取りたい。状態については自信を持って出せる」と口にした。全弟オルフェーヴルで2冠を達成した鞍上が、今度は兄に復活Vをもたらす。

 馬連(10)から(9)(2)(8)(4)(3)(16)(12)。

 [2011年6月25日9時2分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞