日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

福永ジョーダン実りの秋へ弾む/札幌記念

日記を書く

札幌ダートコースで追い切り、併走馬を突き放すトーセンジョーダン(左)
札幌ダートコースで追い切り、併走馬を突き放すトーセンジョーダン(左)

<札幌記念:追い切り>

 札幌記念(G2、芝2000メートル、21日)で復活勝利を目指すトーセンジョーダン(牡5、池江)が18日、札幌競馬場で追い切られた。福永祐一騎手(34)が駆けつけ、ダート6ハロン78秒0-12秒6の好時計で力強い走りを披露。放牧先から11日に入厩したばかりだが、一枚上の地力で秋シーズンへ弾みをつける。

 トーセンジョーダンの背中には福永がいた。日曜に札幌で騎乗し、月曜は盛岡での対抗戦、火曜は佐賀でサマーチャンピオン、水曜には栗東での調教に騎乗した男が、木曜朝は札幌競馬場で新パートナーの感触をつかんだ。ノーブルジュエリー(3歳500万)を相手に外から並びかけると、いっぱいに追われ1馬身先着。6ハロン78秒0、ラスト1ハロン12秒6と意欲的なメニューを消化した。11日に札幌に入厩し10日での実戦。常識的には厳しい日程でも地力さえ出せれば一発があっていい。福永は「初めて乗るので比較はできないが、乗りやすい馬。これだけの時計も出ているからね。急ピッチでの仕上げでも乗っておいて良かった。息づかいも悪くないしイメージがわきやすい」と収穫を得た。

 ほとんど日本縦断の強行軍だが「ストレスはない」。というのも「結果が出ているから」と話すように、サマージョッキーズシリーズは27ポイントで首位を走るからだ。全国リーディングは73勝で2位。今週のトーセンジョーダンのほかに、来週のキーンランドCはジョーカプチーノが控える。トップで終えればワールドスーパージョッキーズシリーズの出場権も得られるが「勝ち星を積み上げて出たい」と言い切る。「優勝賞金が100万円じゃなくて1000万円なら意識するかも」と冗談を飛ばすが「サマージョッキーズは狙うというより、結果的に、というもの。毎週重賞に乗せてもらえるし、結果を出せば自然とついてくる」と本音の部分では意識していない。

 逃げ馬不在だが、ジョーダンは自在に立ち回れるのは強み。「先行できるタイプだし、展開が向くかもしれない。あとはトレーナーと相談して決めたい」。まずは目の前の1鞍へ全力を傾ける。【高橋悟史】

 [2011年8月19日8時50分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞