日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

有馬記念32年ぶりに慣例を破り中日開催

日記を書く

 JRAの2012年度の開催日程が固まり、例年中山競馬最終週の最終日に組まれている有馬記念(G1、芝2500メートル)が、最後の3日間開催の中日に行われることが21日、分かった。来年12月は22日(土)23日(日)24日(祝)の3連休があり、3日間開催を予定。最も集客の見込める中日23日の日曜日(天皇誕生日)に暮れの大一番を組み込むことで、より注目度を高める狙い。有馬記念翌日の振り替え休日にもう1日開催があることで、お得感と敗者復活戦的な意味合いも出てくる。

 22あるG1レースの中でも有馬記念は最も売り上げが多く、最盛期の96年には875億円余りを記録。景気低迷とレジャーの多様化でダウントレンドにある昨今でも昨年は388億5499万円を売り上げた。その目玉レースが中央競馬の1年を締めくくる日に定着したのは80年。来年は32年ぶりに慣例が破られることになる。79年までは中山大障害が最終日に組まれることが多く、有馬記念は1週前に実施されていた。

 JRAでは主要4場(東京、中山、京都、阪神)での3日間開催を増やす方向で、来年はほかに1月9日の成人の日、9月17日の敬老の日、10月8日の体育の日を3日間開催に組み込む。

 [2011年9月22日9時5分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞