日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

赤木が園田で引退式 20日JRAでラスト

日記を書く

引退セレモニーで涙を流す赤木騎手(撮影・黒河謙一)
引退セレモニーで涙を流す赤木騎手(撮影・黒河謙一)

 20日で引退する赤木高太郎騎手(41)の引退セレモニーが17日、園田競馬場で行われた。「赤木高太郎騎手引退競走」と銘打たれた11Rのモンキーマジックが最後の園田での騎乗となり、6着で完全燃焼した。

 この日の3鞍は園田時代の「黒、袖白」の勝負服で騎乗。場内インタビューで「こういう機会をつくってくれた小牧さん、岩田君の気持ちに報いたい」と、同じレースでも騎乗した両人に感謝。ファンには「今年の9月頃、調教師になることを考え引退を決意しました」と報告した。

 最終レース終了後には、園田での師匠、斉藤裕元調教師(68)から「競馬の世界を離れるわけではない。新たな目標、夢に向かって頑張ってほしい」と花束を渡され、赤木が涙ぐむシーンも。レースを見守った智美夫人も「受かるあてのない中央の1次試験に初めて受かった人。あの人ならやってくれるはず」と今後のサポートを誓った。

 兵庫県競馬所属時代にはセトノウルトラで園田ダービー、菊水賞を制すなど1176勝を挙げた。JRAでは20日京都の10Rワイズリーがラスト騎乗となる。仲間たちの胴上げで5度、宙を舞うと、自然とわき起こった赤木コールでフィナーレとなった。

 [2011年11月18日8時21分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞