日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

クラレントのマイル実績評価/朝日杯FS

日記を書く

<堀内泰夫のこれだ:朝日杯FS>

 3勝馬が1頭もいないメンバー構成で、例年に比べてやや小粒な印象は否めない。予期せぬ伏兵の台頭も十分に考えられるが、マイル戦で重賞勝ちしている実績を評価して、本命にはデイリー杯2歳S馬のクラレントを取り上げた。

 本日の阪神Cで有力視されているリディルの半弟として、デビュー前から注目を浴びていた。期待通りに7月京都で新馬勝ちを果たすと、3カ月の休養を挟んで出走した2戦目のデイリー杯2歳Sも快勝。道中は中団の内でジッと脚をためて、直線で力強く抜け出す強い競馬だった。

 父はアグネスタキオンからダンスインザダークに変わったが、鋭い切れ味はリディルと比べても遜色ないもの。マイラー色の濃い兄よりも距離に対しての融通性は高く、橋口師が「来春を意識させる馬」と期待を寄せるのも当然のことだろう。

 前走東スポ杯2歳Sは、レース前に放馬した影響が少なからずあったはず。まだ腰に甘さが残るので、ドロドロの不良馬場も痛かった。終始後方のままでレースを終えたが、力を出し切っていないだけに参考外の一戦。13着惨敗で人気が落ちるなら、むしろ今回は馬券的にも妙味がある。

 調教では走らないが、レースに行くと一変する典型的な実戦タイプ。今週の追い切りでは新馬と併せて1馬身ほど遅れたが、仕上がり自体に問題はない。前走と違って良馬場でやれる見通しが立ったのも好材料。クラシック王道を歩むためにも、ここは譲れない一番だ。

 馬連(7)から(3)(16)(4)(2)(6)(8)。

 [2011年12月17日9時0分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞