日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

カレン気力の衰えなし/スプリンターズS

<女帝・和田美保のコレくる!:スプリンターズS>

 春G1的中率5割のアベレージヒッター和田美保に、秋もお任せください! 今日午後3時40分に発走するスプリンターズS(芝1200メートル=中山競馬場)は、カレンチャンの力が抜けているとみて確信の◎を打った。5歳秋を迎えても闘争心にいささかの陰りもなく、史上初の短距離G1・3連覇を達成する。

 カレンチャンの短距離女王としての歩みは、昨年のスプリンターズSで始まった。2月の山城Sから5連勝でG1初制覇。阪神牝馬S(G2)函館スプリントS(G3)キーンランドC(G3)と重賞を3連勝して頂点に立ったのだ。今でこそスプリント女王として君臨しているが、昨年は夏場を使ってきた上にG1初挑戦が嫌われ3番人気。大半が連勝はストップすると思っていたが、中団追走から鮮やかに抜け出して勝利してみせた。不可能を可能にする女。それが◎カレンチャンなのだ。

 世界の一線級スプリンターがそろった昨年末の香港スプリント(G1)でも小差の5着に入った実力の持ち主。日本調教馬が勝利していないレースで過去最も勝利に近づいたのがこの馬だ。このメンバーでは力が違う。史上初のスプリントG1・3連覇を狙う上で、唯一不安視されていることと言えば、5歳牝馬の気力の衰えだろうが、その心配は必要ない。それは、カレンチャンには「戦う気持ち」があるからだ。

 前走のセントウルSは4着に敗れた。高松宮記念以来5カ月半ぶりの実戦で、馬体重は22キロ増での出走だった。牝馬が休み明けで大幅に馬体重を増やしてくるとどうしても「繁殖」の2文字がちらつく。牝馬は年を重ねると、競走馬から母として子を産むための体になる。先日引退した3冠牝馬アパパネも、晩年はなかなか馬体が絞れず、次第に闘争心が薄れていった。カレンチャンにも一瞬、嫌な予感がしたがレースを見てその不安は一蹴された。好スタートから池添騎手が手綱を押して出ると引っ掛かりながら2番手へ。ゴール前で差されはしたが、最後まで歯をくいしばって抜かせまいとした。ほとんど馬体を並べて逃げたマジンプロスパーは11着に沈んだが、こちらは0秒1差で掲示板を確保。休み明けで息の入らない展開に加え56キロを背負っての4着は立派だ。牝馬は気持ちが大事。「戦う気持ち」を失っていなければ、今回も最高のパフォーマンスが見られるはずだ。

 今年の高松宮記念もオーシャンS4着からの勝利で、快進撃の始まりとなった山城Sもたたき2戦目だった。動きを見れば、今回も休養明けをたたいて順当に良化していることが分かる。フラワーパークもビリーヴも成し遂げられなかったスプリントG1V3の偉業。カレンチャンならきっとやってのける。

 馬連(14)から(16)(8)(13)(11)(15)(7)(2)。

 3連単(14)-(2)(7)(8)(11)(13)(15)(16)-(2)(7)(8)(11)(13)(15)(16)。

 [2012年9月30日9時35分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞