日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

安田師は電撃戦3連覇/スプリンターズS

勝利を喜ぶ岩田騎手(左)と安田調教師(撮影・神戸崇利)
勝利を喜ぶ岩田騎手(左)と安田調教師(撮影・神戸崇利)

<スプリンターズS>◇30日=中山◇G1◇芝1200メートル◇3歳上◇出走16頭

 2番人気ロードカナロア(牡4、安田)が坂上で女王カレンチャン(牝5、安田)を差し切り、1分6秒7のコースレコードでG1初制覇を飾った。

 安田隆行師(59)が国内スプリント3連覇の偉業を達成した。G1でワンツーの快挙のおまけつきだったが、喜び爆発とまでいかなかったのはカレンチャン、ダッシャーゴーゴーのオーナー、担当者への配慮からか。

 とはいえ、レースから15分後の共同会見では自然に笑みがこぼれてきた。「(1、2着独占は)信じられませんね。1、2番人気だったので頑張らないといけないと思ってました。両方に勝ってほしい気持ちもあったので複雑です」。

 カレンチャンの大記録を阻んだカナロアが短距離路線を引っ張る存在になりそう。「カナロアはグンと良くなっていたので状態には自信があった。ひと夏を越して足腰もしっかりしてきましたからね」。今後については「海外も含めてオーナーと相談してから」と明言しなかったが、12月9日の香港スプリント(G1、芝1200メートル=シャティン)が候補に挙がる。

 また、カレンチャンには「今年いっぱいで引退するかもしれませんので、この馬も海外を視野に入れながら」と言及。昨年(5着)のリベンジを狙う香港スプリントが引退レースとなる可能性が浮上した。

 [2012年10月1日8時20分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞