日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

リルダヴァル遅れも福永V視野/中京記念

福永騎手が乗り3頭併せで追い切られたリルダヴァル(左)
福永騎手が乗り3頭併せで追い切られたリルダヴァル(左)

<中京記念:追い切り>

 サマーマイルシリーズ第1戦、中京記念(G3、芝1600メートル、21日)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。有力視されるリルダヴァル(牡6、池江)が、今開催絶好調の福永祐一騎手(36)を背に重賞初Vを視野に入れている。

 3頭併せの追い切りは、ディープ産駒のダノンドリーム(古馬500万)ローザズカレッジ(3歳500万)に半馬身ずつ遅れ、リルダヴァルは最下位だった。とはいえ時計は6ハロン83秒4-12秒0とまずまず。素質を評価されている併せ馬の相手の名前を聞いて、福永騎手も納得の表情だ。「折り合いは大丈夫だったし、今の中京は合いそう。マイルなら差す競馬だろうし」と好勝負をイメージ。池江師も「今日は相手が動いた。こんなもんでしょう」と合格点を与えた。

 3回中京は福永の独壇場だ。3週終了時で16勝をマークし、2位の浜中(6勝)に10勝差をつける。先週は5勝、2着3回の大暴れで、内ラチ沿いの逃げ切りあり、大外の差し切りありの変幻自在の手綱で今年通算72勝。ついにJRA全国リーディングに立った。

 今週の騎乗次第では開催(8日間)新記録の22勝も視野に入っており「あと6つ」と本人も意識している。中京記録の20勝は「成貴さん(田原元騎手)やね」と、元祖天才超えを狙う。「大きいコースの割にコツがある」と新中京を得意にしているユーイチの手綱は、重賞初Vを狙うリルダヴァルにとって心強い限りだ。【中西典章】

 [2013年7月18日8時37分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞