日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

先行ユアーズ、Cコースで浮上/札幌記念

先行力があり、コース利を生かせそうなアイムユアーズ
先行力があり、コース利を生かせそうなアイムユアーズ

 皐月賞馬ロゴタイプをはじめ豪華メンバーで行われる札幌記念(G2、芝2000メートル、18日=函館)は、96年以来17年ぶりに使用される函館競馬場のCコースが1つの鍵になる。Aコースから4メートル外に柵を立てたBコース、柵をさらに曲線部で4メートル、直線部で3メートル外へ移動したのがCコース。スタートから1コーナーまでが短くなり、伏兵では先行力あるアイムユアーズ(牝4、手塚)がコース利を生かせそうだ。

 狭い。近い。見やすい。各馬のビクトリーロードがコース脇のスタンドからすぐそこにある。29メートルあった直線部分の幅員が22メートルに。「Aコースで大外だったところがCコースの最内です」。丸田騎手の言葉を実感する。

 多くの馬が調教を終えた14日午後、静かな函館競馬場の芝コースにいくつもの人影があった。1200メートル、1800メートル、2000メートル、2600メートル…、ゲートとともに人影が移動する。立っていたのは、騎手会の馬場保全委員を務める丸田騎手、馬場造園担当の野津専門役ら。「発走地点、装置の確認やコースへのゲートの出入りなど、1回函館開催が始まる前から意識してきました」と同専門役。通常の柵移動で騎手が立ち会うことはほとんどないが、実に17年ぶりに復活するCコース施行への最終確認だ。

 今年は札幌開催がないため、4回24日間の開催。最初の10日間はAコース、続く8日間は仮柵を4メートル外に移動したBコース、そして今週から最後の6日間はさらに4メートル(直線部分は3メートル)外に柵を設けるCコースで、良好なコンディションで競馬開催できるように配慮された。

 円周が延びることによって、必然的にスタートから最初のコーナーまでの距離は短くなる。2000メートルのスタート地点となる4角奥の引き込み線の長さはCコース59メートルでAコースの111メートルより52メートルも短い。函館はJRA全10場で最も直線の短い競馬場(Cコースで265メートル)だけにポジション争いも激しくなるが、札幌記念は先手を取り切れる馬を警戒したい。アイムユアーズの手塚師は「Cコースなので先行できる強みがあるし4角までいい手応えで回ってくる自信がある」と話した。前走クイーンSは2番手から抜け出して連覇を達成し、函館で【2 1 1 0】という安定感。トウケイヘイローやロゴタイプといった人気馬同様、好位で運べる脚質がアドバンテージになりそうだ。【木南友輔】

 [2013年8月16日9時1分 紙面から]

PR情報



  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞