日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

競馬界にも「ユヅル」5月道営デビューへ

ゲート練習を積むユヅルノオンガエシ
ゲート練習を積むユヅルノオンガエシ

 ユヅくんフィーバーが競走馬界にも飛び火した!? ソチ五輪のフィギュアスケート男子シングルで日本人初の金メダルに輝いた羽生結弦(19=ANA)にちなみ「ユヅルノオンガエシ」と名付けられたサラブレッド2歳牝馬が、ホッカイドウ競馬でデビューを待っている。現在、門別競馬場でトレーニングを積んでおり、4月23日に開幕する14年度開催でのデビュー、活躍を目指す。

 ホッカイドウ競馬にも「ユヅル」がブームを巻き起こすかもしれない。2月のソチ五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルの羽生にちなんで命名された2歳牝馬ユヅルノオンガエシ。今春デビューへ、門別競馬場で坂路、トラックなどで調教を続けている。銀盤できらめいた本家に続けとばかりに、同じドーナツ型のレースコースで将来のスターを目指す。

 管理する田中淳司師(42)は、報償金の使い道に東日本大震災の被災者への寄付を挙げ、故郷東北を思いやった羽生に感銘を受けた。「本当に感動しましたし、知人と相談して父のオレハマッテルゼと連想して名付けました。半姉は気持ちの面で能力を出し切れないケースがありましたが、羽生選手のようにプレッシャーに打ち勝って、のびのびと走ってくれれば」と期待を寄せる。

 母ディアンは中央3勝で、半兄には07年NHKマイルC3着のムラマサノヨートーなどがいる血筋。田中淳師は「ゲートを出てから4回転されると困るけど」と冗談交じりに話し「牝馬にしては馬格もあるしいいものは持っている」。昨年12月に入厩し、ここまで順調に調整を進めている。

 11日に実戦なみのゲート練習に騎乗した桑村真明騎手(26)は「身のこなしが柔らかく気性も素直。まだ2回目にしては出もスムーズだったしスピードもありそうですよ」と評価する。牝馬で、羽生の愛称「ユヅくん」ならぬ「ユヅちゃん」。早ければ27日の競走能力・発走調教検査を受け、5月中のデビューを予定している。【奥村晶治】

 ◆五輪にちなんだ馬名 今季のホッカイドウ競馬では、五輪を意識したような2歳馬の馬名が複数登録されている。「金」を連想したものではキモンゴールド(牝)ゴールドショウ(牡)フジノキンメダル(せん)などがいる。過去、09年にはフィギュア女子の浅田真央の愛称でもあるマオチャンがデビューした。

  1. 「哲三塾」3連複で中山金杯3630円、サンライズS1万2690円的中
  2. 中山金杯調教採点 3位評価ラブリーがV!1位評価ロゴも2着

 [2014年3月20日10時33分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞