日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬ニュースのRSS

ハープ次走はJCが濃厚

凱旋門賞で6着に敗れて引き揚げるハープスター(撮影・太田尚樹)
凱旋門賞で6着に敗れて引き揚げるハープスター(撮影・太田尚樹)

 凱旋門賞(G1、芝2400メートル、ロンシャン)で世界の頂点に挑んだ日本馬3頭は激闘から一夜明けた6日、厩舎付近で運動を行った。

 最先着だったハープスター(牝3、松田博)は引き運動を40分。歩様に問題もなく、大きなダメージを残さないまま、帰国の途につくことが出来そうだ。松田博師は「日本で競馬を使っている時と変わらん。まあ世界は甘くないわな」とさばさばしていた。今後はオーナーとの協議次第だが、11月30日東京のジャパンC(G1、芝2400メートル)に向かうことが濃厚だ。

 須貝勢のゴールドシップ(牡5、須貝)、ジャスタウェイ(同)は引き運動を20分。ゴールドの今浪厩務員は「もう1回くらい走らせたいくらい元気いっぱい」と話した。今後は12月28日中山の有馬記念(G1、芝2500メートル)に進む。ジャスタの榎本助手は「特に問題もなく、元気がいいです」とコメントした。3頭は10日にフランスを出発し、11日に成田に到着。同日から、千葉県白井市の競馬学校で着地検疫に入る。

  1. 「哲三塾」3連複で中山金杯3630円、サンライズS1万2690円的中
  2. 中山金杯調教採点 3位評価ラブリーがV!1位評価ロゴも2着

 [2014年10月7日8時55分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞