このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

凱旋門賞馬ディラントーマス軽めの調整

 ジャパンC(G1、芝2400メートル、25日=東京)出走のため15日に来日した凱旋門賞馬ディラントーマス(牡4、アイルランド)が16日、千葉・白井市の競馬学校で馬場入りし、ダクで1周という軽めの調整を行った。パトリック・キーティング調教師代理は「状態がとても良く、カイバ食いもいい。明日(17日)はキャンターの予定。競馬学校にいる間に強めに調教しようと思っています」と話した。同馬は15日、07年度カルティエ賞において欧州年度代表馬、最優秀古馬に選出されている。

[2007年11月17日8時27分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ