このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

2冠スカーレットに英からオファー

07年11月11日、エリザベス女王杯を制したダイワスカーレット
07年11月11日、エリザベス女王杯を制したダイワスカーレット

 桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯と3つの牝馬G1を制し、最優秀3歳牝馬と最優秀父内国産馬の2冠に輝いたダイワスカーレット(牝4、栗東・松田国)に、英アスコット競馬場から招待状が届いていることが8日、松田国師によって明らかになった。レース名、出否については明言を避けたが、欧州競馬最高峰のひとつと言われ、7月に行われるキングジョージ6世&クイーンエリザベスSとみられている。

 同馬は2月24日東京のフェブラリーS(G1、ダート1600メートル)から、3月29日にドバイのナドアルシバ競馬場で行われるドバイワールドCデー競走のいずれかに向かう予定だが「ドバイだけじゃなく、競馬の先進国からオファーが来るでしょう。今はアスコット競馬場からきています」と、明かした。

 JRA賞の2冠については「うれしいですね。すばらしい馬がたくさんいたのに、スカーレットはよく頑張ってくれました。携わったいろいろな人たちにあらためて感謝したい。今後は前に行ける脚質を最大限に生かして、海外でどれだけ通用するのか挑戦したい」。今年は海を越えての活躍に期待が高まる。

[2008年1月9日8時33分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ