このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

昇級戦エイジアン勝ち負け/韓国馬事会杯

<昭ちゃんの俺ならこう買う!!:中山11R>

 昇級戦でもエイジアンウインズで勝ち負けになります。芝、ダートを問わない安定した走りが武器。休養前に小回りの中京で馬群を割って鋭く伸びた末脚は強烈でした。今回は3カ月ぶりの出走ですが、馬体は引き締まっていてけいこの動きも抜群です。

 逆転候補にはマルブツライトを指名します。昇級戦で距離短縮となりますが、もともと現級でも好走していた実績があります。まとめて負かせばウエスタンビーナスです。2走前は現級で3着。中山芝1200メートルなら巻き返せるでしょう。連穴はゼットフラッシュです。5戦3連対と得意コースで変わり身も。けいこの動きが抜群だったダイワティグリス、内田博騎乗で一変が見込めるニシノマオにも注意が必要です。馬単(6)=(7)、(6)=(16)、(6)(3)、(6)(12)、(6)(13)。

 ◆中山10R パッシングマークはしぶとく粘り強い末脚が持ち味。この距離でも3走前の中京で4着と距離が延びていいタイプです。中山は2勝。横山典騎手に乗り替わって一発の魅力は十分です。トーセンジョーカーは勝負の連闘。相性のいい中山と手の内に入れている江田照騎手で逆転を狙います。前走が首差2着と好走したマイネルファヴールも怖い1頭です。連下はフェニコーンを厚めに。馬単(12)=(6)、(12)=(1)、(12)(7)、(12)(9)、(12)(2)。

 ◆阪神11RアーリントンC 本命はポルトフィーノです。初戦は5馬身差、8カ月ぶりの前走も格上相手に2馬身半差の圧勝と底を見せていません。開幕週と絶好の馬場を味方に逃げ切ります。対抗は自在性のあるドリームガードナーですが、先行するとしぶといノットアローンも侮れません。相手なりに走るミッキーチアフル、アポロドルチェ、ダンツキッスイを連下に挙げておきます。馬単(13)=(8)、(13)=(7)、(13)(1)、(13)(6)、(13)(12)。(日刊スポーツ評論家:大崎昭一)

[2008年3月1日8時20分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ