このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

ハクライ変わり身に期待/中京スポニチ賞

<高橋悟史のとことん:中京11R>

 フェブラリーSを勝ったヴァーミリアンにはたまげた。

 ドバイを見据えて余裕がある体でもズバ抜けて強かった。4コーナーで外からかぶせに行ったワイルドワンダーにもしびれた。ドバイワールドCに向けての調整となるが、昨年の米国年度代表馬カーリンがライバル。そのカーリンは28日のドバイでの前哨戦に登場した。6頭立てで相手は弱かったが、60キロの重量を背負って楽勝。世界は甘くない。ちなみにウイリアムヒル社のオッズではカーリンが約1・7倍で1番人気。ヴァーミリアンは15倍で8番人気。

 ◆中京11R タマモハクライの変わり身に期待する。休み明けの前走は12キロ増と明らかに太かった。前走は勝負どころで前が壁になった。動くに動けず、仕掛けが後手に回った。それでも最後は際立つ伸びだった。13番人気で9着ながら、勝ち馬からは0秒4差。次につながる内容だった。前走の57キロから3キロ減って54キロになるのも好材料だ。馬連(9)(10)2500円、(8)(9)2000円、(9)(16)1500円、(4)(9)1000円、(5)(9)1000円、(6)(9)500円、(9)(15)1500円。

[2008年3月1日8時21分 紙面から]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ