テレビで日本代表戦が見られないと分かっていても、やっぱり寂しかったな。日本は2試合連続でレベルの低い相手に5-0で快勝した。パスはつながるし、シュートは決まるし、ルーズボールもほとんど拾ったし、文句なしの内容だね。言っとくけど、これ、皮肉だよ。

その中で、MF伊東は存在感を見せていた。4アシストか。裏にスペースがないから、持ち前のスピード突破はなかったが、相手が嫌がる位置でポジションを取っていた。相手がファウルしてはいけない位置でボールを受けるから、アシストができる。しかも4本とも「どうぞ、入れてください」というパスだった。

来年1月にはカタール・ドーハでアジア杯が開かれる。下のカテゴリーはすでに実施しているけれど、W杯や五輪の出場権はアジア杯で決まる。A代表もつまらない予選をダラダラやるより、アジア杯で決めればいいと思うよ。全試合テレビ中継もあるわけだしね。

4年前も日本は2次予選を大量得点で突破した。つまり、アジアの弱い国は、4年たってもまったく成長しなかった。国内にちゃんとしたリーグがない国は、やはり強くならないね。弱い相手と大事なIMD(国際マッチデー)を使って試合をするから、アジア全体のレベルが上がらない。他の組を見ても、W杯常連国は大勝しているし、だからといって大喜びすることもない。

02年W杯以来、アジアはW杯本大会で16強の壁を破っていない。現状だと、新しい景色はなかなか見ることができないだろうな。恐ろしいことは、シリアは初戦で北朝鮮に勝ったため、2位まで通過する今回の予選を突破する可能性があることだ。このレベルが最終予選に参加できるとは、恐るべしアジアだね。(日刊スポーツ評論家)

日本対シリア 勝利した日本の選手たちはサポーターにあいさつする(撮影・パオロ ヌッチ)
日本対シリア 勝利した日本の選手たちはサポーターにあいさつする(撮影・パオロ ヌッチ)
日本対シリア 後半、追加点を決めた菅原はチームメートの祝福に笑顔(撮影・パオロ ヌッチ)
日本対シリア 後半、追加点を決めた菅原はチームメートの祝福に笑顔(撮影・パオロ ヌッチ)
日本対シリア 前半、ゴールを決め浅野(後方左)と握手を交わす上田(撮影・パオロ ヌッチ)
日本対シリア 前半、ゴールを決め浅野(後方左)と握手を交わす上田(撮影・パオロ ヌッチ)
日本対シリア 後半、ゴールを決める菅原(撮影・パオロ ヌッチ)菅原由勢
日本対シリア 後半、ゴールを決める菅原(撮影・パオロ ヌッチ)菅原由勢
【イラスト】久保のゴール図
【イラスト】久保のゴール図
【イラスト】上田の1点目
【イラスト】上田の1点目
【イラスト】上田の2点目
【イラスト】上田の2点目
【イラスト】菅原のゴール
【イラスト】菅原のゴール
【イラスト】細谷のゴール
【イラスト】細谷のゴール