このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > サッカー > ニュース


サッカーメニュー

博多の森がレベルファイブスタジアムに

 福岡市は15日、J2アビスパ福岡のホームスタジアムで、市が所有する「博多の森球技場」(約2万3000人収容)の命名権をゲーム開発会社「レベルファイブ」(福岡市、日野晃博社長)が獲得、新名称が「レベルファイブスタジアム」(略称「L5スタ」)に決まったと発表した。

 契約期間は3月1日から3年間。市は、年額3150万円(消費税込み)の命名権料を球技場の維持管理費などに充て、財政負担の軽減につなげる方針。福岡市は、年額3000万円以上、期間3年以上の条件でスポンサーを募集していた。

 レベルファイブは、人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト8」を開発したことで知られる。

[2008年1月15日10時45分]

  • エヌスクへ

【PR】

関連情報

  1. 最新ニュース
  2. カテゴリ別
  3. ブログ&コラム

記事バックナンバー

Jリーグ スコア
ゼロックス <3月1日>
鹿島 2 - 2
3(PK)4
広島
海外サッカー スコア
現地3月13日 ※時刻は日本時間
バルセロナ(スペイン) 5-1 リヨン(フランス)
Bミュンヘン(ドイツ) 1-3 リバプール(イングランド)

「博多の森がレベルファイブスタジアムに」に関する日記

  1. エヌスクユーザーなら、自分の日記をこのページに  できます。
  2. まだエヌスクに登録していない方は こちらで新規登録 ができます。


このページの先頭へ