MF南野拓実は後半32分に退き、連続ゴール記録が3試合で止まった。

森保ジャパンで唯一4試合連続先発するもシュート1本。前半30分にDF吉田の縦パスに抜け出したが、決め切ることはできなかった。「味方の特長を生かしながら自分も生きられたら良かった。次につなげていきたい」。守備では献身的な動きで何度も最終ラインまで戻り、ピンチを救っていた。