日本は相手エースのライネスに仕事をさせなかった。左サイドバックの鈴木冬一は逆サイドまでついていってマークする場面もあった。ドリブルには低い姿勢で粘り強く対応し「(味方同士で)助け合う精神でできていた。いい形で球を奪えた」と話した。

今大会初先発で勝利に貢献し「もっと強い相手とやりたい。1位通過を狙っている。チーム全員で勝ちにいきたい」と、次のイタリア戦へ気合を入れた。