日本は1-0の後半7分、田川亨介のゴールでさらに優位に立った。藤本の右CKに近いサイドへ走り込み、頭でそらして流し込んだ。「練習通り。あの形をずっと練習していた。決まって良かった」とはにかんだ。

前半35分にも菅原の右クロスを頭で合わせてネットを揺らしたが、オフサイドでゴールは認められなかった。2年前の前回大会は無得点だっただけに「やっとという思いが自分の中では大きい。気持ちも乗ってくる」と上機嫌だった。