エクアドルは日本と1-1で引き分けた。

前半15分に先制されたが、同36分にゴール前のこぼれ球をFWメナ(レオン)が右足で押し込んで同点に追いついた。

ゴメス監督は「拮抗(きっこう)した試合だった。両チームともチャンスがあった。日本は優れたチームで、統率が取れており攻撃が鋭かった」とコメントした。