日本代表は7日、スタジアムに隣接する練習場で10日のワールドカップ・アジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)に向け調整した。

GK川島は土砂降りの中、ユニホームを泥だらけにしながら横っ跳びでのセーブを繰り返した。練習場にはシャワーもなく、軽く体を拭いただけで取材対応。「キーパーはこんなもの。想像はしていたし、こういう環境でも戦わないといけない」と笑顔で話した。でこぼこの練習場は芝ではなく雑草の方が目立つ。4度目の予選で「ここまでの状況は経験していない」というが、泰然とこなす姿でチームに安心感を与える。