サッカー日本代表(FIFAランク33位)は10日、敵地で22年W杯カタール大会アジア2次予選初戦のミャンマー戦(同135位)に臨み、2-0で勝利して白星スタートを切った。

激しい雨の降る厳しい状況の中、前半16分にMF中島翔哉(25)の先制点を皮切りに、同26分にはMF南野拓実(24)が追加点。後半36分にはMF久保建英(18)が日本代表のW杯予選年少出場記録を39年ぶりに更新する18歳98日でピッチに立った。次戦は10月10日にホームでモンゴル代表と対戦する。

  ◇  ◇  ◇

開始前から強い雨が降る中で行われた1戦。日本は1トップに大迫勇也、2列目にMF中島翔哉、MF南野拓実、MF堂安律。MF柴崎岳とMF橋本拳人のボランチに最終ラインはDF長友佑都、DF冨安健洋、DF吉田麻也、DF酒井宏樹と、5日のキリンチャレンジ杯パラグアイ戦と同じスタメンで臨んだ。

先制点は16分。中島の強烈なミドルシュートだった。相手のカウンターを堂安が敵陣で止め、カバーに入った冨安から左サイドの中島へ。ドリブルで内に切り込むと、左より約45度の位置から右足を振り抜いた。高速でカーブがかかったシュートがゴール右よりを射抜いた。

26分には南野が追加点。堂安が自身のミドルシュートのこぼれ球を拾って左よりからクロス。中央でフリーになっていた南野が頭で合わせ、ゴール左隅へ決めた。パラグアイ戦に続く得点で突き放した。

後半はスコアが動かないまま終了した。注目の18歳MF久保建英は後半36分から途中出場。18歳98日で、風間八宏を抜いてW杯予選での日本史上最年少出場記録を更新した。ファーストタッチでいきなり華麗なヒールパスでチャンスを演出した。