DF三浦弦太(ガンバ大阪)は国際Aマッチ9試合目で初ゴールを決めた。

G大阪の同僚、井手口の右CKを頭で合わせ「ボールがよかった。初ゴールという意識はなかったがうれしい。セットプレーからの得点はチームを助けられる」と喜んだ。その一方で組み立てではミスが多く、終盤には右クロスからヘディングで決められ1点を失った。守備ラインのリーダーとして守備面の改善が求められる。