チームで唯一開催地韓国のクラブ、水原でプレーするFW池尻茉由が2戦連続出場で存在感を発揮した。

左MFで先発したが前半30分を過ぎると、高倉麻子監督の指示で1トップへ。フィジカルで勝る相手に体の強さを生かしてためを作るなど攻撃を活性化させ、指揮官も「予想していたよりも良い感じでプレーしてくれた」とたたえた。池尻は「まだまだこれから。もっと連動して動いていきたい」と次戦での得点を誓った。