香港のサポーターが、試合前に流れた中国国歌にブーイングを浴びせる一幕があった。バックスタンドに陣取り、国歌が流れる間は一斉にピッチに背を向けた。香港では9月のワールドカップ(W杯)アジア2次予選イラン戦の前にも同様の行為があり、国際サッカー連盟(FIFA)から罰金を科された。

18日には中国との直接対決を控える。パーテライネン監督は「2試合で学ばなければならない。リカバーして臨みたい」と語った。(共同)