日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルスに感染したことが判明したが、妻で医師の土肥美智子氏は、チームドクターとして同行したサッカー女子日本代表の米国遠征から帰国した13日以後、スポーツ関係者と接触していないことが分かった。

この日に協会関係者が本人に確認し、明らかにした。スポーツ医学のスタッフとして勤務する国立スポーツ科学センター(JISS)は訪れておらず、選手や他のスタッフとの接触もないという。