日本代表が11月17日にオーストリアでメキシコ代表と国際親善試合を行うことが、14日発表された。

日本時間同18日午前5時キックオフで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートマッチ(無観客試合)での開催となる。

森保一監督は日本サッカー協会(JFA)を通じて「北中米を代表する強豪・メキシコとの試合を調整してくださった関係者の皆さんに感謝します。メキシコはW杯常連国であり、またアンダーカテゴリーでも国際大会で数々のタイトルを積み重ねているチームです。ボールを大事にするスタイルや選手たちの献身性など目指すべきものが重なる相手との戦いは日本代表にとっても多くの実りを得る試合となるはずです。伝統あるチームを相手にしますが、リスペクトしつつも、自分たちの持っている力を出し切れるようにこれから準備を進めたいと思います」とコメントしている。