サッカー男子で2024年パリ五輪出場を狙う年代別日本代表監督の最有力候補に、元J1鹿島監督の大岩剛氏(49)が挙がっていることが7日、複数の関係者の話で分かった。Jクラブからの監督就任の申し出を固辞し、3年後の五輪に照準を合わせているという。日本サッカー協会の反町康治技術委員長は年内に人事を固めたい方針。

元日本代表DFの大岩氏は静岡・清水商高(現清水桜が丘高)から筑波大を経て名古屋、磐田、鹿島で活躍し、10年に現役を引退。指導経験を積んだ鹿島で17年に監督に就任し、18年にはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)初制覇を達成した。現在は日本サッカー協会の指導者養成に携わっている。

サッカー男子の五輪は原則23歳以下で争われ、パリ五輪を目指す年代の日本代表は冨樫剛一監督が暫定的に指揮していた。この年代には久保建英(マジョルカ)松岡大起(清水)荒木遼太郎(鹿島)らがいる。(共同)