国際サッカー連盟(FIFA)は5日、女子の最新世界ランキングを発表し、東アジアE-1選手権で優勝した日本は2つ上げて11位となった。1位は米国のまま。

欧州選手権で準優勝だったドイツが5位から2位に、優勝したイングランドが8位から4位に上がった。3位はスウェーデン。(共同)