【ジッダ(サウジアラビア)20日=岡崎悠利】

サッカー日本代表は21日、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でシリアと対戦する。

16日のミャンマー戦で温存されたMF伊東純也(スタッド・ランス)は、引いて守ることも予想される相手を崩しきる連係を披露することをテーマとした。

サイドアタッカーとして、1人で局面を打開できる攻撃力が最大の売り。格下のシリア相手にもドリブルで切り裂くプレーが期待される。伊東は20日の公式練習後、「ボールを動かして、相手を動かして、スペースを作ってうまく突いていくことが最近はできていると思う。今回もできればいいと思う」と話した。

長距離移動や暑さなど対応しなければならない要素はあるとしつつも「自分たちのサッカーをすれば、負ける相手ではない。順応する準備はしているので、あとはやるだけ」と言葉に力を込めた。

【日本代表】連勝かけシリア戦 森保ジャパン中立地サウジでW杯アジア2次予選/ライブ速報します