サッカー日本代表(FIFAランキング18位)は21日、26年ワールドカップアジア2次予選の2戦目でシリア代表(同92位)と対戦した。

同試合は日本ではテレビ中継、動画配信はなし。SNSでは、海外のテレビやサイトを探し、情報を交換するポストが相次ぎ、真夜中の「試聴情報合戦」となった。

X(旧ツイッター)では海外の無料のサイトでは見られず「合法的なPPV(ペーパービュー)4・5ドルを購入」と有料サイトで試聴するユーザーもいた。 無料の配信チャンネルを探し当て、情報を共有するポストも相次いだ。無料の配信チャンネルは画像が悪く「うーん、一応見れてはいるか笑」「ここが一番画質がいい」「なんかいろいろやってたら見れた」「とんでもない画質だけどなんとか見られてる」と、生中継にたどりつき、ほっとする声も多かった。

海外のサイトのため、実況はアラビア語。「試合終了する頃までアラビア語習得しそう」「何語か分からないので解説がまったく分からん」などの投稿もあった。

【日本代表】連勝かけシリア戦 森保ジャパンW杯アジア2次予選/ライブ速報